1+1は2でいいの?リテールマーケティング検定Season2 第295号

(リテールマーケティング検定 3級)
「わからない問題は必ずある」

学習しているのは
「リテールマーケティング検定」
ですよね

「検定」には「分ける」という意味があります
「基準をクリアしている/基準に満たない」を「分ける」のです
みんなが正解できる問題ばかりだと、「分ける」ことができません
つまり
「わからない問題は必ず出る」と想定した方がよいです

面接などでは、イジワルな質問をされることがあります
面接官は、イジワルな質問に対して、
「パニックにならないか?」
「わからないことを、わからないと言えるか?」
を見ていることが多いです
イジワルな質問への回答そのものは、あまり重要でないと考える場合が多いのです

次回は「わからない問題の対し方」です

<今日の○×問題>マーケティング
「スポットライトやダウンライトなどを用い、特定の商品などを目立たせる照明を重点照明という」

○ 目立たせたいところだけを照らすことで、特定の商品などを目立たせます

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ