1+1は2でいいの?リテールマーケティング検定Season2 第339号

(リテールマーケティング検定 3級)
3級過去問題集10週完成 第2週ー5

「商店街」 

総合品ぞろえスーパーの利点にあった「ワンストップショッピング」
しかし
「零細性」の特徴がある日本の小売業
単独店で「ワンストップショッピング」は難しい
ならば
いろいろなお店が近くに集まって「ワンストップショッピング」を提供しよう
お店やサービス業が近くに集まった場所を商業集積といいます

人が集まるところに、自然発生的に生成された商業集積が商店街です

商店街は全体的に衰退傾向と言われています
商圏が狭い商店街ほど衰退傾向が強いです

ライフスタイルや交通事情、集客施設の開発や廃業などが変化すれば
人の流れも変わります
人が集まらなくなった場所の商店街は衰退します

衰退には商店街内部要因もあります
経営者の高齢化や後継者不足、空き店舗増加などです

ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は ショッピングセンターの定義 です

<今日の○×問題>ストアオペレーション
「商品を包装する目的には、商品の保護、取扱いの利便性、販売単位の形成、販売促進、情報伝達などがある」

○ 包装によって、商品の売上が変わることがあります

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ