リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第425号

(リテールマーケティング検定 3級)
2019年2月受験用1-7
「無店舗販売」 

私たち消費者は
お店に行って買物することが
多いですよね
お店で商品を販売する形態は
「店舗販売」です

一方で
「忙しい」
「近くにお店がない」
「欲しい商品がお店にないかもしれない」
「買物する予定がない」
いろいろな理由で
お店に行けない(行かない)人がいます

そんなときは、
「小売業が消費者の近くに行こう」
これが「無店舗販売」の典型です
「無店舗販売」は
小売業が自由に商圏設定できます

「無店舗販売」では、訪問販売と通信販売が基本です

●訪問販売
・消費者の家を販売員が訪問し、商品説明しながら販売します
・ホームパーティーなどを開催して販売する方法も含みます
・販売員氏名などの身分開示が必要です
・クーリングオフが強制適用です
●通信販売
・インターネットやカタログ、テレビ、ラジオなどの通信媒体で商品提示や注文受付をします
・誇大広告などの規制があります
・クーリングオフが強制適用でありません

ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は 第2週 小売業の類型②の問題 です

<今日の○×問題>マーケティング
「商圏のとらえ方には、小売店の単独商圏、商業集積の商圏、都市の商圏などがある。」

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ