リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第422号

(リテールマーケティング検定 3級)
2019年2月受験用1-4
「規模のメリット」 

同じ商品をたくさん買うと
1つあたりの金額が安くなること
ありませんか?

例えば
同じ商品をたくさん買うと
1つあたりの金額が安くなる
「規模のメリット」といいます

1個60円のプリンが3個パックで150円
1本100円のドリンクが5本パックで450円
10枚分の金額で11枚ついてくる電車の回数券
などは「規模のメリット」です

同じ商品を大量に仕入れれば
1個あたりの金額を安く仕入れられる
これも「規模のメリット」です

同じ商品を大量に仕入れるために
たくさんのお店の注文を1つにまとめる
これを可能にするのが
「組織小売業」
いわゆるチェーン店です

ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は 業種店と業態店 です

<今日の○×問題>小売業の類型
「流通機能の一つである取引機能は、生産活動と仕入活動から構成される。」
×
「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ