リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第421号

(リテールマーケティング検定 3級)
2019年2月受験用1-3
「W/R比率」

W/R比率は
二本流通の特徴のひとつ
「多段階性」を示す指標です
「卸売業の売上高÷小売業の売上高」
で計算します

多段階性とは
「卸売業が卸売業に販売することがある」
ことです

同じ商品を
2段階流通(卸売業→小売業)の場合

3段階流通(1次卸売業→2次卸売業→小売業)の多段階)場合
卸売業→小売業に商品が流通することは同じです

しかし
卸売業の売上高は
3段階流通の方が
大きくなります
・2段階流通が(卸売業→小売業)の1回分売上高
・3段階流通が(1次卸売業→2次卸売業)(2次卸売業→小売業)の2回分売上高

「W/R比率=卸売業の売上高÷小売業の売上高」
の計算式では
分母の「卸売業の売上高」が大きくなれば
分数の値が大きくなります

多段階性の日本のW/R比率は
欧米よりも大きくなります
ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は 規模のメリット です

<今日の○×問題>販売経営管理
「消費期限は年月日で表示しなければならない」

○ 安全に食べられる期限が消費期限です

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ