リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season2 第382号

(リテールマーケティング検定 3級)
2018年7月受験用
3級過去問題集10週完成 第8週ー6
「光源の種類」 

店内照明には、大きく次の3つがあります
○全般照明:店内を均一に照らす照明
○重点照明:特定の位置や商品を明るく照らす照明
○拡散照明:光を乱反射させ、キラキラさせる装飾照明

全般照明の光源が
■水銀灯■白熱電球■蛍光灯
→●LED電球●ハロゲンランプ●高圧ナトリウムランプ
に変化しつつあります

■水銀灯
・水銀蒸気中の放電による発光を利用
・演色性が低く、グリーンがかった暗い空間に見えることがある
・蛍光灯と比べて消費電力が大きい
・省電力+演色性改善→メタルハライドランプ
・点灯するまでに5分程度の時間が必要
・2020年に製造・輸入・輸出が原則として禁止
■蛍光灯
・長寿命
・消費電力が少ない(経済的)
・真空中での放電によって発生させた紫外放射で管壁に塗布した蛍光体を励起して可視域の光を放出
・紫外線が多い
→商品や展示物を傷める
・白熱電球とは異なり、影ができにくいフラットな光
・電球そのものの眩しさが少ない
■白熱電球
・フィラメントを高温に加熱することによって発光
・消費電力が多い
・寿命が短い
・演色性が高い
・陰影ができやすい
→物を立体的に見せたり空間に奥行きを持たせる
・環境への悪影響で、生産中止するメーカーがある
・熱線(赤外線)などを放ち高温
→熱に敏感なものを照らすのには不向き
・使用環境の温度変化に強い。
・低価格

●LED照明
白熱電球や蛍光灯と比べて
・省電力
・長寿命
・熱線(赤外線)が少ない
・紫外線が少ない
・発熱量が少ない
・高価格
・暗い。
・光が拡散しないので、電球の直下以外は明るくない。
●ハロゲンランプ
・ガラス管内に微量のハロゲン元素またはハロゲン化合物を封入した白熱電球
・発光原理自体は白熱ランプと同じ
・小型で高輝度
・白熱電球よりも演色性が高い
・長寿命(白熱電球の2倍程度)
●高圧ナトリウムランプ
・オレンジ色で温かみのある光源
・ナトリウム蒸気中の放電による発光を利用し点灯
・寿命は水銀灯の約2倍
・道路の街路灯や商業施設、各種スポーツ施設などで利用

ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は 色相・明度・彩度 です

<今日の○×問題>小売業の類型
「業態を開発するには、ターゲット顧客のどのような生活シーンに応える小売店なのかを、経営の各機能面で明確に打ち出す必要がある」

○ 業態は、顧客ニーズに合わせた売り方や経営方法による分類です

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ