リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第648号

過去問題集繰り返し用 簡易解答用紙 answer_form1
第82回 売買損益計算問題エクセルシート answer_form1
(リテールマーケティング検定 3級)
過去問10週完成シリーズ
2020年2月受験用6-7
「生産性を上げよう!」

生産性は「投入と産出のバランス」で、高い方が良いです
「産出÷投入」で計算します
「投入」「産出」を何にするかで生産性の意味や名称が変わります

お店の人の生産性は「人時生産性(粗利益高÷総労働時間)」で評価されます
「どれくらいの労働時間を投入して、どれだけの利益を生み出したか」
人時生産性の意味です
「総労働時間を減らす」「粗利益を増やす」ことで
人時生産性が高くなることも大切です

総労働時間は、人が働いた時間の合計です
2人がそれぞれ8時間働いたら、総労働時間は16時間です

人時生産性を高めるために
ワークスケジューリング(作業割当)をします

いつ、どんな作業に、何人必要
という作業予定を決めた後で
それぞれの作業に人を割り当てるのが
ワークスケジューリングです
●売上に直結する重点作業を優先する
●余裕を持たせる
●作業者の習熟度や知識を把握して、適任者を割り当てる
●週間ベースで作成する
という点に注意して
ワークスケジューリングします

ぜひぜひ確認してみましょう!
<今日の○×問題>マーチャンダイジング
「その地域の消費者が抱く値頃感を見通し、価格を設定する考え方を、マーケットプライス法という」

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ