リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第607号

過去問題集繰り返し用 簡易解答用紙 answer_form1
第82回 売買損益計算問題エクセルシート 82nd_profit
(リテールマーケティング検定 3級)
過去問10週完成シリーズ
2020年2月受験用1-2
「小売業の定義」 

小売業は次のように定義されています

①個人用または家庭用消費者のために商品を販売する事業所
②商品を販売し、かつ、同種商品の修理を行う事業所
③自店で製造した商品をその場所で個人用または家庭用消費者に販売する事業所
④主として個人用または家庭用消費者に無店舗販売を行う事業所
⑤ガソリンスタンド
⑥産業用使用者に少量または少額に販売する事業所

・「売上の半分以上が消費者向け」というのは
上記⑥の産業用使用者への販売の「少量または少額」が「半分に満たない」という意味です
・上記⑤のガソリンスタンドは「燃料小売業」と出題される可能性があります
・販売商品の修理、店舗施設を持たないネットショップなども小売業です

ぜひぜひ確認してみましょう!

<今日の○×問題>小売業の類型
「情報伝達機能とは、売り手と買い手の認識のギャップを橋渡しする機能である。」

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ