リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第529号

(リテールマーケティング検定 3級)
過去問完成10週シリーズ
2019年7月受験用1-3
「チェーンストアのメリット」 

アメリカの定義による「チェーンストア」は
「単一資本で11店以上を経営管理する小売業・飲食業」です

基本的にチェーンストアの各店は
看板や制服、品ぞろえなどが同じです

看板も制服も仕入れる商品も
チェーンの店舗数分
まとめて注文できます

同じモノを
たくさん注文すると
1つ当たりの価格(単価)を安くしてもらいやすくなります
(私たちも1個100円の商品が5個450円で買えたりしますよね)

たくさん買うことで単価を安くしてもらう力を
●バイングパワー
●スケールメリット
(規模のメリット、規模の経済性)
といったりします

ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は チェーンストアの種類 です

<今日の○×問題>ストアオペレーション
「前出し作業は、商品を検収する際に併せて行われることが多い。」
×

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ