リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第479号

(リテールマーケティング検定 3級)
2019年2月受験用9-5
「景品って何だろう」 

景品表示法では
景品を次のように定義しています
●顧客を誘引するための手段として
●事業者が
●自己の供給する商品・サービスの取引に付随して提供する
●物品,金銭その他の経済上の利益
●値引き・アフターサービスは除外

例えば
付録のエコバックが欲しくて雑誌を購入した場合
●顧客を誘引するための手段として→エコバックが欲しい
●事業者が→雑誌の出版社が
●自己の供給する商品・サービスの取引に付随して提供する
→雑誌を買ったら付録もついてくる
●物品,金銭その他の経済上の利益→付録はエコバック
●値引き・アフターサービスは除外→本体価格は変わらない
付録のエコバックは
景品表示法の金額上限などの規制を受けます

では
「ピザを買ったら、同じピザもう1枚無料」
こんなサービスがありました
この「同じピザもう1枚」
景品表示法の金額上限は超えています
でも実際にあったサービスです

このポイントは「同じ」です
「同じものをもう1つ」は
実質的に1個あたり半額になります
法律では「50%値引きした」
と解釈します
景品表示法の定義で
●値引き・アフターサービスは除外
とありました

「同じピザもう1枚」は
「景品」ではなく
「値引き」です
ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は 許可と届出 です

<今日の○×問題>ストアオペレーション
「フォールデッドとは、商品をハンガーに掛けて見せるディスプレイ・パターンである。」
×

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ