リテールマーケティング検定 1+1は2でいいの?Season3 第448号

(リテールマーケティング検定 3級)
2019年2月受験用5-2
「3Sで現状把握」

3Sは「整理・整頓・清掃」
のローマ字表記の頭文字です

必要なモノと不必要なモノが混在して
バラバラに置かれている場所を
キレイにしましょう!

第1段階
・整理:不必要なものを排除する
→必要なものだけが残ります
第2段階
・整頓:必要なものを使いやすいように配置しなおします
→今までモノが置かれていた場所が空いてきます
第3段階
・清掃
→空いた場所をキレイに掃除します

もし売場や倉庫の商品を
3Sでキレイにしたら
どの商品が何個あるか
在庫量を
数えやすくなると
思いませんか?

発注数量=販売予測量-在庫量
なので
在庫量を正しく把握できると
発注数量の精度が上がります

例えば
販売予測量の30個が当たりそうなとき
在庫量が10個ならば
発注数量は20個です
しかし
在庫量を15個と数え間違えると
発注数量が15個になり
欠品のリスクが高まります

現場をキレイにすると
在庫数量を正しく数えられる
→現状把握が正しくできる
→発注数量を正しくできる
となります
ぜひぜひ確認してみましょう!

次号は 長寿祝いの和式包装進物 です

<今日の○×問題>マーチャンダイジング
「販売計画には、全社レベル、店舗レベル、部門レベルなどがあり、さらに期間によって、期や季、月、週、日のようにさまざまな計画がある。」

「自分」+「無料解説講義動画&過去問題集・テキスト」
===>昨日と違う自分
●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集、テキスト&問題集

http://www.waseda-pub.com/hanbaishi/

●リテールマーケティング検定 3級 過去問題集解説動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-kakomon

●リテールマーケティング検定 3級 テキスト&問題集講義動画

http://waseda-pub.com/archives/category/hanbaishi/hanbaishi-text

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ