(渡邉義一)1+1は2でいいの? 第91号

「ニュースで学ぶ販売士」編 銀座三越/紳士・リビング売場でもバレンタイン訴求

銀座三越は1月28日~2月14日、「GINZA Sweets Collection 2015」を開催しています
8階催事会場、9階銀座テラスに新規17ブランドを含む約70ブランドを集めています

「そんなたくさんの洋菓子が集まるんだ~」と感心したアナタ
バレンタインの顧客ニーズは多様化していますよ

特に今年の2月14日は土曜日です
「義理ニーズは少なく、本命ニーズの予算が増える」とメーカー各社は考えているようです

「GINZA Sweets Collection 2015」では、チョコレートの苦手な相手に対応した様々な商品を揃えています

・マカロンと、マカロン柄の紳士用ボクサーパンツ
・紳士用フレグランス
(頼りになる「トラスト」、かっこいい「スマート」、優しい「ジェントル」の3つの軸で、フレグランス商品を集積。静けさのある夜の川をイメージした香り、みずみずしい若葉をイメージした香りなどを組み合わせて、2人で楽しみながら選べる)
・キッチン包丁
(欧米では「(2人の)未来を切り開く」という意味があるそうです)
・バレンタイン限定のアロマオイル(天然カカオ+オレンジの香り)&チョコレートの形のディフューザー(精油をミスト状にして香りを拡散させる器具)
・もちろん人気チョコレートも充実させます
(プレゼントだけでなく、自分でも楽しめるように、イートインコーナーを設置)

最近のバレンタインは、女性から男性だけでなく、女性同士や家族にも感謝の気持ちを伝えるイベントになっていますね
そう考えると、バレンタイン商戦もアイデアが大事になってきますね

<今日の○×問題>小売業の類型
「コンビニエンスストアの過半数はボランタリーチェーンの加盟店である」

× コンビニエンスストアはフランチャイズチェーンが多いです

「アナタ」+「販売士研究会の無料動画&書籍」===>昨日と違うアナタ

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ